星の文化館  宿泊できる天文台! 九州最大の天体望遠鏡と高精細プラネタリウム

 

おすすめ度 

ベストシーズン 通年

福岡市天神駅から車での所要時間 約1時間50分(高速道路使用)

福岡市博多駅から車での所要時間 約1時間50分(高速道路使用)

 

営業時間 【月・土・日・祝】10:30~22:00 (最終入館 21:30) 

     【水・木・金】13:00~22:00(最終入館 21:30) 

 

入館料 大人:500円、小学生:300円、幼児(4~6歳):100円 

プラネタリウム 大人:500円、小学生:300円、幼児(4~6歳):無料

 

プチホテル:大人(中学生以上) 7,500円 〜 / 小人 (4才 〜 小学生) 3,500円 (1泊朝食付き)

カプセルホテル:大人(中学生以上) 4,500円 〜 / 小人 (4才 〜 小学生) 2,500円 (1泊朝食付き)

 

福岡県南部、八女市星野村に九州最大 (口径100cm) の天体望遠鏡を備えた展望台「星の文化館」があります。口径100cm の望遠鏡に加えて、口径65cm の望遠鏡も備えており、ツインドームの展望台となっています。

 

さらに高精細フルカラーの最新プラネタリウム投影機も併せ持ち、本格的な天文ファンはもちろんのこと、ロマンチックに夜空を眺めたいという方や、お子さんに最先端の科学を体験させたいというご家族にも絶対おすすめのドライブスポットです。

 

星の文化館は展望台でありながら宿泊もできるという全国的にもとてもめずらしい施設です。近くには「星の温泉館 きらら」という温泉もあり、星野村の雄大な景色を眺めながらゆったりとくつろぐことができます。

 

都会から離れ、夜空を眺めながらゆったりと休日を過ごすにはこれほど素晴らしい施設はありません。

<アクセス>

福岡県八女市星野村10828-1

TEL 0943-52-3000

駐車場 あり(30台)

星の文化館、茶の文化館、古陶星野焼展示館、星の温泉館きらら、池の山キャンプ場、さらに足を伸ばせば鷹取山を最高峰とする耳納連山、調音の滝など、星野村とその周辺には様々な観光資源、観光施設があります。

 

できれば一泊してゆっくりと休日を過ごすことをおすすめします。

星の文化館、茶の文化館、池の山キャンプ場などを含む全体が「星のふるさと公園」という巨大な観光施設になっています。マップの左上、① で示されているところが星の文化館です。

 

星の文化館。

 

近代的でとても美しい施設です。この建物の中に天文台、プラネタリウムに加えて宿泊施設も備わっています。

 

手前の土星がとても印象的。

建物の入り口付近にあるごあんない。

 

プラネタリウムだけでなく、天文台も昼間に行くことができます。

 

2つあるドームのうち、ドーム1が昼の部、ドーム2が夜の部となっています。

 

入り口から入ったところにも案内があります。

 

プラネタリウムは1時間おきにやっているので、開始時間を考えて行くと効率よく楽しめます。

こちらは昼の部用のドーム1。

口径65cm の巨大天体望遠鏡。

 

担当の方の親切な解説を聞きながら天体観測を楽しめます。

夜の部用のドーム2。

こちらが九州最大、口径100cm の巨大天体望遠鏡。

 

望遠鏡の配色が機動戦士ガンダム風でとても気になります。

 

観測するときはその都度、この巨大望遠鏡が音をたてていろいろな方向に向きをかえます。

 

 

コンピュータ制御で目的の星の方に正確に向きを変えるのはちょっとした感動です。

 

この日は運良く、月面 X (ゲツメン・エックス) と呼ばれる現象を観測することができました。

 

月面 X とは、月面で隣接する3つのクレーターがアルファベットの "X" の形に影をつくる現象です。

 

実はこの現象、年に数回、1回あたり3 〜 4時間程度しか見ることができません。

 

当然、雲がかかっていたら見ることができません。

 

その日、その時に見える星を次々に見せてもらえます。赤い星や青い星、ダイヤモンドのようにキラキラ輝く星など、巨大望遠鏡でなければ見られないような星の特徴をいろいろと見ることができます。

 

星座に関する神話のような話も聞かせてもらえます。

宿泊棟への通路は宇宙船の中のような絵が描かれています。気分が盛り上がります。

宿泊施設には全て地元の星野杉がふんだんに使われています。

 

部屋のタイプはツインの和室、洋室、ファミリールーム、カプセルホテルのような「スターキャビン」があります。

 

写真はツインルーム。

 

週末は数週間先まで予約でいっぱいのことが多いので、早めに予約するか平日に行くことをおすすめします。夕食は付いていないので注意しましょう。

各部屋には写真のような折りたたみのベッドが備わっています。

 

夜中に「星の降る広場」に出て、このベッドに寝て夜空を眺める事ができます。

星の降る広場は芝生の広場になっています。

 

平らな部分と、斜面の部分があります。

 

夜中にここでのんびりと寝そべって星を眺めるのは、なんとも優雅でロマンチックです。

近くに森林や広場があるので、朝、散歩するととても気持ち良いです。

もう一つ、ここに来て絶対忘れてはいけないのが、「星の温泉館 きらら」です。

 

木造のとても立派な温泉で、星の文化館から約1キロのところにあります。

 

休日をくつろぐには最高です。