福岡ドライブ・観光ガイドへようこそ!

このサイトでは、福岡市近郊、及び福岡市内から日帰りまたは一泊程度で行けるドライブコース、観光スポットを紹介します。

 

メジャーな観光地から意外に楽しめる穴場まで、連休を目一杯楽しみたいという方にも急に時間ができて暇つぶしにどこか行きたいという方にも、手軽で便利に利用できるドライブ・観光の情報サイトを目指しています。

 

皆さんのお休みが楽しみと感動に満ち、明日の活力になることを心から願いつつ、このページを更新していきます。

SNSでシェアする


河太郎 呼子店

イカ活き造り発祥の店

おすすめ度 

呼子と言えばイカです!

呼子でイカを美味しく食べられるお店は幾つもありますが、何と言っても一番有名なのはこの 河太郎 です。

河太郎は日本で初めてイカの活き造りを出したお店です。イカ活き造り発祥のお店です。

創業は昭和35年。

日本の滝100選の1つで、「東洋のナイアガラ」と呼ばれる原尻の滝

のどかな田園風景の中に突如巨大な滝が現れます。大きさは、幅120m、高さ20m。

本物のナイアガラの滝と比べるのは少しムリがあるかもしれませんが、実際に見るとかなりの迫力があります。

数時間ドライブして見に行く価値は十分あります。

福岡県志免町の総合福祉施設「シーメイト」近くをドライブしていると、突如、頭デッカチの廃墟のような建造物が視界に入ってきます。

高い建物なので遠くからでもよく見えます。また、強烈なインパクトがある形なので、近くを通ったら必ず興味をそそられるはずです。



マリンパル呼子では、海中展望船「クジラのジーラ」と七つ釜遊覧船の「イカ丸」に乗ることができます。ジーラは半潜水型の海中展望船。船内の大きな窓から海中を泳ぎ回る魚たちを間近に見ることができます。動く水族館です。

イカ丸は七ツ釜遊覧船。「七ツ釜」は海水に侵食された玄武岩で、柱状節理と呼ばれる六角柱状の岩が寄り集まってできています。海水に侵食されてできた穴に船が入っていくので、中の様子をはっきりと見ることができます。

糸島半島は絶好のドライブスポットがたくさんありますが、その糸島半島の西の突端、玄界灘の内海と外海がぶつかる地に工房 とったんがあります。

この工房では、海水を汲み上げ、長い時間と手間ひまをかけてこだわりの塩が手作りされています。

その塩をかけていただく「花塩プリン」が最高に絶品です。

地鶏最高!!

早良区曲渕にある峠の名物、地鶏食堂では、生後400日を超えた歯ごたえと味わいのある鶏を溶岩プレートの上でジュージュー焼いて美味しくいただけます。 

脂を飛び散らしながら焼く鶏は、噛めば噛むほど味わいが口の中に広がります。 

真夏の昼間に汗だくになりながらモリモリ食べるも良し、真冬の冷え切った体を胃の中からホカホカに温めるもまた良し。



福岡市内から車で30分。篠栗町に北米大陸の湖を彷彿とさせる幻想的な絶景スポットがあります。篠栗町と九州大学が協同で整備・管理するこの篠栗九大の森には、蒲田池という池があり、「水辺の森」と呼ばれる場所にラクウショウという北米原産の針葉樹が生えています。

森林のリラックス効果が科学的に実証された「森林セラピー基地」にも認定されています。

福岡県南部、八女市星野村に九州最大 (口径100cm) の天体望遠鏡を備えた展望台星の文化館があります。口径100cm の望遠鏡に加えて、口径65cm の望遠鏡も備えており、ツインドームの展望台となっています。

さらに高精細フルカラーの最新プラネタリウム投影機も併せ持ち、本格的な天文ファンはもちろんのこと、ロマンチックに夜空を眺めたいという方や、お子さんに最先端の科学を体験させたいというご家族にも絶対おすすめのドライブスポットです。

福岡県八女市星野村といえば、全国一の高級茶 星野玉露 の産地として有名です。星野玉露は鮮やかな濃緑色、味わい深い甘み、芳醇な香りが特徴とされています。星野村の山深い地形が、平地で生産される他の玉露とは違って渋みの少ない、まろやかな風味を生み出します。

茶の文化館では、星野の伝統本玉露を「しずく茶」として味わうことができるほか、抹茶碾き・ほうじ茶作り・和菓子作りなどの体験メニューや茶室を見学したり、お茶会を開くこともできます。